Event is FINISHED

8.30 福岡市アジアンパーティプレイベント「DAIMYO MATRIX」〜9月・10月 福岡のまちがアジアとクリエイティブに染まる〜

Description





2018年、今年6回目となる福岡市「アジアンパーティ」の開催が決定いたしました。来たる8月30日に、2018年 福岡市アジアンパーティのプレイベント「DAIMYO MATRIX」を開催いたします。

福岡イベント・コミュニティのキーパーソンが多数参加予定!皆さんのお気軽なご参加をお待ちしています!


第1部 トークセッション@START UP CAFE
テーマ 「都市の進化にアートとスタートアップが同時に機能するとき、フクオカはアジアのハブになる」



▶スピーカー
●中村俊介氏/しくみデザイン代表
●三好剛平氏/LOVE FM
鶴田正人氏/wooly magazin発行人、MILIA代表

▶モデレーター
●Chingann Tsais 氏/off topic 主宰 台湾 キュレーター、fukuoka calling,wooly magazineコントリビューター

●Peatix Japan 滝沢 光

第2部 LIVE&ART&FOOD@ROOMS


▶LIVE
COLTECO
the perfect me
TOKOTO PALACE

▶LIVE PAINTING
トコナミレイナ

▶FOODS
emerada curry
Son Of a Sandwich





[開催概要]


●開催日時
8月30日(水)
第1部:18:30 OPEN@福岡市スタートアップカフェ (Fukuoka Growth Next内)
*途中からご来場された場合、立ち見になる可能性がございます。予めご了承くださいませ。


第2部:20:00 OPEN@ROOMS


●参加費
第1部:無料
第2部:¥1,500(1drink付)

●主催
クリエイティブ・ラボ・フクオカ (福岡市経済観光文化局)、アジアフォーカス・福岡国際映画祭実行委員会、福岡アジア文化賞委員会

    
●企画・制作

●協力
フレネル、wooly magazine、LOVE FM


●特別協力
Peatix Japan株式会社
( 福岡市アジアンパーティ2018 PRパートナー )



[Time Table]

18:30 受付開始
19:00 トークセッション (START UP CAFE)
20:00 LIVE&ART (ROOMS)

第1部・トークセッション
(18:30OPEN@福岡市STARTUP CAFE)



▶スピーカー


中村俊介氏


1975年生まれ。名古屋大学建築学科を卒業後、九州芸術工科大学大学院(現・九州大学芸術工学研究院)にてメディアアートを制作しながら、記号論・インタラクション・ユニバーサルデザインの研究を続け、博士(芸術工学)を取得。2004年九州工業大学HIT センターの立ち上げのため講師として招聘され、翌2005 年には有限会社しくみデザイン設立、取締役CTO となる。2009年に社名を株式会社しくみデザインに変更し、代表取締役に就任。九州工業大学客員准教授。2013年にはインテル社主催のコンテストにて世界一となるなど、アートからビジネスプランまで受賞歴も多く幅広い。UX(ユーザーエクスペリエンス)分野の先駆者として新しいビジネス領域を切り開いており、見ている人が映る参加型のサイネージや、SMAP等アーティストの大規模なコンサートにおけるリアルタイム映像演出など数々の日本初を手がける。



三好剛平氏


1983年福岡生まれ福岡育ち。ラブエフエム国際放送株式会社にて営業・企画、ウェブ、イベントなど担当。福岡市「まちなかアートギャラリー福岡」ディレクター(10-14)「天神サイト」編成チーフ(11-15)「はかた伝統工芸館」主任(14-15)など歴任、現在はアジア映画の商談会企画「ネオシネマップ福岡」担当(15-)ほか。業務外では「BOOKUOKA」「10zine」への運営参加(現在はお休み中)ほか、シティリビング誌映画連載「三好剛平のBEST DVD」(11-)、アメコミ映画愛好ユニット「ファンタスティックポップコーンボーイズ」イベント、不定期のDJ活動や熱量たっぷりなKPOPやブラックミュージック関連のSNS投稿など、日々映画・音楽・アートと欲張りに文化を摂取/発信中。


鶴田正人氏


MILIA Co., Ltd 及びElente Inc. CEO。
キュレーター、発行人。大名小学校、修猷館高校卒。
早稲田大学法学部、ロンドン芸術大学、ニューヨーク大学卒業。 EMIミュージックジャパンに入社後、宇多田ヒカル、松任谷由実、BOØWY、フジテレビCX-TVのサウンドトラックを担当。 UNIVERSAL music LLCのマーケティング部長を務めた後、バイリンガルマガジン「Wooly」の発行、アーティストエージェンシー「WOOLY ARTS」を立ち上げる。立命館大学と龍谷大学で非常勤講師を務める。 2004年にMicrosoft Windows Vistaの発売マーケティング、ホテル「WITH THE STYLE」CD及び番組制作を行う。2014年にはひよ子本舗の「DOUX D'AMOUR」のパッケージプロデュース、 KKBOX(台湾)、SKテレコム(韓国/日本)、JJS MEDIA(韓国)のマーケティングを担当。
2017年4月 Growth nextに入居、7月に地元の行政、企業と芸術家の卵を発掘育成する、アートベンチャー milia社を起業。J-COLLABO VICE-PRESIDENT(NY・ブルックリン)。
2017年9月26日~六本松 蔦屋書店にて開催の田代敏朗 個展のキュレーションを行う。


第2部・LIVE&ART&FOOD (20:00 OPEN@ROOMS)






COLTECO


福岡に拠点を置くバンド。 これまでにUS、UK、ドイツ、フランス、スイス、オーストラリア、リトアニア、韓国、上海、台湾、フィリピン等、その楽曲が世界中でオンエアー、リリースされているSHOGO SATOを中心に2013年に結成。 80s~90sのDance Musicに影響を受け、それらを現代にUpDateした個性的でスタイリッシュなサウンドを展開する。 そのサウンドは音楽業界はもちろん、美容、ファッション、さらには、上海、韓国での公演も成功させ、日本の枠からも飛び出し、アジア圏からも注目を集めている。 オリジナル作品としては、2枚のEP(完売)と1枚のLP、2枚の7inch Vinylをリリースし、2017年発表の"ALBUS "が全国各地のセールス/オンエア・チャートで上位ランクインを果たす。 さらには地上波CM(明治ホールディングス)にも楽曲が起用され話題を集める。 その他、REMIXやプロデュースも積極的に行っており、数多くの作品を世に輩出している。 現在も基本的な活動は全国、海外を行ったり来たりと変わらない活動を継続中。


the perfect me


福岡が生んだ若き鬼才、西村匠のソロユニット。2013年2人組ユニットとして結成後、ライブを主体として活動。無名ながらも米インディバンドDEERHOOFの前座に抜擢されるなど、早くしてその才能を地元で轟かせる。ちなみにグループ名の「the perfect me」はDEERHOOFの曲名から名付けられた。2017年1stアルバム「IN TO THE HOUSE」をリリース。ブラックミュージックからインディロック、ジャズなどあらゆるジャンルの音楽を巧みにミクスチャーした独特の世界観で、感度の高い音楽リスナーから支持を受ける。また西村は並行して地元アーティストのレコーディングエンジニアとしてもその手腕を発揮。同郷のニューカマーとして注目を集めるSTEPHENSMITHの1stアルバム「sexperiment」(2016)のレコーディング、ミックスを手掛けるなど、エンジニアとしての才能も発揮し始める。 2018年7月ギターのmassiveeffect脱退を機に、ソロユニットとして本格始動。コンポーズ、アレンジ、トラッキング、ヴォーカル、そしてミックスを含むエンジニアリングまで、全てを掌る西村の個性が光る楽曲群は、ポップな佇まいもありながら、ぐっと奥深いオルタナティブ性が光る独特の世界が魅力である。2018年隆盛を見せつつある福岡インディシーンにおいて、今最も注目すべきアーティストである。


▶TOKOTO PALACE


TOKOTO PALACEは、オーストリア出身のCameron Destenoと福岡出身のNanaが率いるミュージックプロジェクト。 70年代サイケデリックジャズファンク、ネオソウル、ダブやエレクトロニカ等様々なジャンルから影響を受けて生まれるTOKOTO PALACEの音楽を聴けるのは、現在ライブでのみ。より良い音楽を求め、いつ遷都するか分からないTOKOTO PALACE。一緒に”weird”にクレイジーに、楽しみましょう



Son Of a Sandwich - 「天然酵母パンで野菜たっぷりのサンドイッチ」

公式 Facebook






[福岡市アジアンパーティとは]




〜アジアのヒト、モノ、情報が集う社交場〜
アジアンパーティは、福岡国際映画祭、福岡アジア文化賞、The Creatorsを中心とした、福岡市で9月から10月にかけて開催される、「アジア」と「クリエイティブ」をテーマとした様々なイベントの総称です。
クリエイティブ・エンターテインメント都市・ふくおかとして、福岡の若い人材が、福岡を活気のあるクリエイティブな街へと盛り上げていくことを目的としています。
  



[About Peatix]



Peatix(ピーティックス)は、誰でも簡単にコミュニティ・イベント管理、チケット販売・集客が行えるウェブサービス・モバイルアプリです。同じ興味・関心を持つ人が集まる​コミュニティ機能を中心に、イベント主催者は審査や初期費用、月額費用なく、ユーザー登録後すぐにチケット販売​、集客​が可能。参加者はウェブやモバイルアプリを通じて、発券手数料を負担することなくチケットを購入することができます。2013年にグッドデザイン賞を受賞し、現在では常時6,000件を超えるイベントを掲載。日本をはじめ、アメリカ、シンガポール、マレーシアなど27カ国で多くのユーザーに支持されています。

– 会員数:280万人以上 ( 海外30% )
– イベント数: 常時6,000以上
– 月間イベント参加者数:10万人以上

2018年 福岡市アジアンパーティのオフィシャルパートナーとして、イベントのPR全般をサポートしています。



[アート展示@STARTUP CAFE]

MILIA


≪期間≫ 2018年8/6(月)~30(木)
≪場所≫ スタートアップカフェ イベントスペース
≪イラストレーター≫ 
黒木仁史(鹿児島)
ますだみく(福岡)

▶黒木仁史
1978年 鹿児島生まれ。大阪芸術大学 デザイン科卒業後、デハラユキノリ氏のアシスタントを経てフリーのイラストレーターとなる。2016年にそれまで活動していた福岡から東京へ拠点を移す。
美しく写実的な線と水彩の織りなすエレガントさ、遊び心あるモチーフの組み合わせで、ファッション業界や「GINZA」「GQ JAPAN」「POPEYE」といったファッション&カルチャー誌にイラストを提供する他、ステラマッカートニーのファッションドローイングのショー、EDIFICEとのファッションポートレートイベントの参加など多彩に活躍中。

ますだみく
イラストレーションが SNS を中心に話 題となり,様々な雑誌やウェブサイト, イベントフライヤーやアーティストと のコラボグッズ,岩田屋等での展示など 幅広く活動。福岡においていま最も注目 を集め,勢いのある若手アーティスト。

[アジアンパーティ・イベント紹介]


今年のアジアンパーティは、「アジアフォーカス・福岡国際映画祭」「福岡アジア文化賞」「The Creators」の3大主要事業を柱として開催します。また、民間企業・団体と連携した様々な関連イベントも開催します。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#365493 2018-08-29 04:59:59
More updates
Thu Aug 30, 2018
6:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
1部・無料 ( START UP CAFE 18:30〜) FULL
2部・¥1,500<1drink付> ( ROOMS 20:30〜) FULL
メディア関係者様 (1部2部共通) FULL
アジアンパーティ関係者様 FULL
Venue Address
福岡県福岡市中央区大名2丁目6−11 Japan
Organizer
福岡市アジアンパーティ
2,335 Followers